九十九里から・・・おうちごはん

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

何も語ることなかれ、感動の泉

2010/12/26(Sun) 08:21
システィーナ礼拝堂←ここをクリック


とにかく要必見です!


システィーナ礼拝堂(しすてぃーなれいはいどう、Cappella Sistina)はサン・ピエトロ大聖堂に隣接し、バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂。ミケランジェロが描いた創世記などの大天井画、最後の審判の壁画で有名。教皇を選出するコンクラーヴェの会場としても知られている。

未分類 コメント:12 トラックバック:0
コメント:
----

気にいっていただけて良かったです。

バチカンまではなかなか遠いですが
ここだったらお義母さまの故郷のおとなりだから行けるかも
なんちゃってシスティーナ礼拝堂?とでもいうものでしょうか?いかが?

http://www.o-museum.or.jp/enjoy/

ついでに結婚式なんかもしちゃったり?v-238v-259
http://www.o-museum.or.jp/wedding/
by: sizuku * 2010/12/26 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

システィーナ礼拝堂素敵ですねー。
バチカンにあるのですか?(スミマセン;疎くって)

西洋建築や西洋美術の頂点にあるような佇まいですよね。
どんな人でも厳かで敬虔な気持ちになりそうです。

日本的なシンプルな美意識とは対極にある存在だと思いますが、
これもシェリングとフランチェスカッティの関係に似てるかもですねー?
by: CERO * 2010/12/26 19:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

sizukuさん
こんばんわ。

おかげさまでまた私の未知の世界を広げていただいて感謝です。
今日は何度このHPを開いてはため息ついたことか…(#^.^#)

もう、クリスマスなんちゃらは飛んでしまった感動でした。

社会人から離れて数年経ちまして外の世界にでていないもどかしさにだいぶ苛まれてましたが今のこの環境だからこそ感じ得る感動や今までにない見聞を広げられるいい機会が持てるようになったのではと思えるようになりました。

今年はあるきっかけで再会することができ、本当に実りの多き年となりました。

ありがとうございます!




by: yuki * 2010/12/26 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

おお。。なんと素敵な。。
これ、クリスマスに見たかった(笑)

これを見ながら、しばらくぼーっとしていたら、
一つだけ絵が浮いて見えるのは私だけでしょうか?
真っ正面の上のほうで、手を頭の上にあげている男性だけ少し浮いて見える。。

教会って大好き!
感動して、涙でそうなときもあります(o^∇^o)

キリスト教って、なにげに好きかも。

PS
前回書いたマイケルって、マイケルジャクソンです(笑!)
テレビでやってたでしょう~? ディズ イズ IT。

しかしこの曲素敵~♡
こういうの好きだな(o^∇^o)
by: かお * 2010/12/26 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

CERO様も厳か、敬虔な気持ちになりそう。

そういっていただけるととても嬉しいです(#^.^#)
日本の美術文化とはまた違うかもしれませんがそれでもなんでしょ、ぱっとHP開いてあの絵画を見たらとても崇高な面持ちになりました。

バチカンにあるんですよね(苦笑)
ワタシも地理的なことは何もわからずただただ感性で勝手に感動しまくってる輩ですからっ(スミマセン)

ですのでCERO様も何かおすすめの音楽など諸々ありましたらジャンル問わず教えてくださいね。
お願いしますi-179




by: yuki * 2010/12/26 21:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

kao

おはよー(#^.^#)

そうでしょ、いいでしょi-185
手を挙げている男性だよね?
そんな感じはするね。

旦那さんと旅行話で唯一合うのはイタリアやローマに行きたいねと
言ってはいるので期待を半分位持ちつつ、実現することを願ってお
りますですi-229

そう、マイケルはジョージじゃなくてジャクソンだったのね。。。i-230
this.is.itどうだった?
特番でやってたね。
もう、この頃年のせいか特番やなんか根性がなくなり最後まで観きった
ことがございませんi-163




by: yuki * 2010/12/27 05:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

みなさんに気にいっていただけたようで良かったです。

バチカンは信じられないほど小さな国、ちょっとあるいたら[あら、国外?]というようなものらしいですよ。

昔日本のTV局の支援?でここの絵が長い年月を掛けて復元されました。その緻密な気の遠くなるような作業風景はドキュメント番組で放映されました。
色あせしていた絵があまりにも色彩豊かな絵となって浮かびあがったときはびっくりでした。

かおさん中央の光に包まれたマッチョな男性こそ[イエスキリスト]です。
最後の審判で生者・死者すべての人間が裁きを受けるそうです。その仕分け人?がマッチョなイエスということでしょうか(いや神かな?)
たしか十字架の上ではとても痩せこけていたのですが・・・天の国から復活したときにはマッチョになってます。 笑

ミケランジェロは礼拝堂に真っ裸の絵を描いたということでお上からおとがめもあり、腰衣を付けろと命令されたそう。ミケランジェロは腰巻を描くことは拒否したので、それは後世の画家が付け足す作業をしたようです。一般に[ふんどし画家]といわれてたそうです。 笑
それも取り去られ元々の真っ裸斗修復されてます。
by: sizuku * 2010/12/27 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

もうひとつ
厳かなこの天井画の笑える見所を暴露 

光り輝く仕分け人イエスキリストから右に移動

天の国の人々がひしめきあうなか、どさくさにまぎれて金髪の男性同士が熱い接吻を交わしています。

ムキムキマッチョな肉体美を追及した画家ミケランジェロ
実はホ●?という噂もあるようです。

宗教画って面白いでしょ!?
by: sizuku * 2010/12/27 06:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

sizukuさん
おはようございます。

きゃっ!思わず探して見ちゃいましたi-183

熱い抱擁?!接吻?!
あまりにもリアルっi-229

さすがsizukuさんならではの着眼点!
敬服v-424

そしてkao

sizukuさんは私のお琴の大先輩でして幼少の頃あまりにもスイッチの入らない
物覚えの悪い私をお世話してくれた貴重な方です。

今、クラシックを楽しく追いかけてるのもsizukuさんのおかげなんですよi-179

私の足らない正確な情報や知識を補ってくれてます。

とても勉強になるので参考にしてみてくださいねi-185

sizukuさんありがとございま〜すv-421

by: yuki * 2010/12/27 07:48 * URL [ 編集] | page top↑
----

娘ユヅリハから解説を授与されましたことを二つ

① 最後の審判右下地獄絵図?の右端。体を蛇に巻かれ、股間の急所を蛇にガブリと喰らえ付かれてるものがいます。一体これはだれかというと、ミケランジェロを不快にさせた(真っ裸な人がうようよしているこの絵はハレンチで教会の聖堂にふさわしくない!として強くクレームしたという)儀典長の姿だそうです。

②アダムと創造の神の纏うマントは脳の形
また別の絵のなかの喉仏の形は脳幹の形
解剖もしていたミケランジェロ 脳に関心があってこうして絵画のなかにも書きこんでいるようです。
これはごく最近発見されたものだそうです。
でもココまでいくとかなり深追いマニアックですね

とりあえず参考まで
http://yebo-blog.blogspot.com/2010/07/blog-post_04.html
http://x51.org/x/04/01/1327.php


かおさん:かおさんがうきあがってみえた!といわれたほど神々しいイエス。
イエスは右手を高く上げ、今まさに刑罰を下す瞬間[お仕置きよぉ~?]という緊迫した場面。
そのすぐわきで妙におどおどしたように足元にうずくまってる女性は聖母マリア様だそうです。
ここでは聖母マリアでさえも介入できないほどの息子イエスの刑罰の意志の強さを描いたと考えられているそうです。
           娘ユヅリハの愛読本、宗教画の絵画案内[イメージを読む]の本からでしたぁ~
by: sizuku * 2010/12/27 09:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

*sizukuさん

ゆき姉のお師匠さまでしたか! はじめまして^^
イエスさまだったとは。。 
お仕置きですか(笑!)
あらためてすごいなと関心しました。

sizukuさんのコメントを見ながら、再度絵をじっくりしてみます。
世界中の教会を見に、旅をしたいものです(^▽^)


ゆき姉へ

sizukuさんとは、すごい縁なのですね!
うらやましいです^^
私も強引に仲間にはいっておこう~(笑)

by: かお * 2010/12/27 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

かおさん こんにちは

ゆきちゃんは子どもの頃お箏の教室で一緒でした。
一応先輩なのでしょうか?
すこし年が上だったこともあって、幼稚園だったゆきちゃんのお世話係のようなものでした。
まず子どもがうようよ保育所のようなお箏教室だったので、お姉さんたちはみな保母のようなもんです。お姉さま達はノリのいい小さなゆきちゃんに加藤茶の[ちょっとだけよ]仕込み、おもしろおかしくいじくりまわしてました ←(笑)本人最近まで忘れてた過去。
私はそんな変な先輩の一人です<(_ _)>

>これを見ながら、しばらくぼーっとしていたら、
>一つだけ絵が浮いて見えるのは私だけでしょうか?
>真っ正面の上のほうで、手を頭の上にあげている男性だけ少し浮いて見える。。

絵の背景もしらずして、このようにひときわ浮き上がって見えたということ、そのかおさんの感性の鋭さに脱帽です。その見る目の確かさ!素晴らしいなぁと思った次第です^^



by: sizuku * 2010/12/27 15:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://maria872.blog62.fc2.com/tb.php/81-45894bfb
Next Home  Prev

プロフィール

九十九里りん

Author:九十九里りん
九十九里住民になって7年目!
自然にめぐまれたこの地でのライフスタイル、日々の食事日記などお好きなように綴っています♪

最新記事

最新コメント

フリーエリア

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。